*

債務整理について理解しよう

破産認可を受けた際、どういう種類の損・デメリットがありうるのかは破産申立を考えた人々にとって100%最初に必要なデータだと考えます。

そこで自己破産認定者にもたらされる不便に関連する項目をまとめ書きにしようと思います。

・政府の破産者の一覧に記述されます。

※本人証明を出すための資料ですから一般人は入手することができないし、免責の許可が与えられれば消去されます。

・官報において公にされる。

※市販されている新聞とは異なり一般の書籍店には置かれていないですし、一般の人達には関連のないものだろうとと言えます。

・公法におけるライセンス制限。

※自己破産宣告者になったなら会計士、司法書士、税理士などといったような資格保有者は失格になるから仕事ができません。

・私法上における資格の制限。

※破産認定者は後見人、保証役、遺言執行人となることが認められません。

その他、合名会社、合資会社の労働者ならびに株式形式の会社、有限会社の取締クラス、監査担当役の場合は退任理由とされます。

・自動車ローンやクレジット用カードを利用することができなくなります。

そして、破産管財人ケースのときは下に記載する制限も追加されます。

・家財を自在に使用、破棄することができなくなります。

・破産管財担当者や債権保有者グループの申請により必要な解説をしなければいけません。

・地方裁判所の認定なしに住む場所の引越しや長めの外出をすることは認められません。

・法が緊急だと認定する場合には確保される場合がありうるのです。

・送付品は破産管財役に届けられ、破産管財をする人は届いた郵便物を開封権限があります。

その他、自己破産者の困難に関して一般に誤解を受けている要素を一覧にします。

1戸籍また住民票では記載されません。

2勤務先は自己破産してしまったことを根拠として退職をせまることはできません。

※原則、本人から言葉にしないかぎり企業にばれることはないです。

3選挙の権利や選挙に立候補する権利などの人権は認められます。

4保証役でなければ、家族には支払い責任などはないです。

5最低限度の毎日の生活に欠かせない家財(ノートPCTVなどを含んで)着るものなどは差し押さえられることはありません。

破産人のデメリットに関する事項を列挙してみました。

破産の申請をすることで債務は免除になりますが以上のような損失も存在します。

自己破産をする上で、メリットもデメリット真剣に考えた方がよいです。


コメントする