*

私が借金をすることになった理由

第一に、個人が破産を申し立てるまでの期間は当事者に対して電話を使う借金回収と、負債のある人の住所への訪問によった徴収は違法行為でないということになっています。

とりわけ、破産申請の手順に入ったあと申請までに無駄な時間がかかってしまった場合には債権者は無理な集金をやってくる確率が増えます。

債権者サイドからすると未納分の清算もされずに、かつ自己破産のような法的な作業もしないといった状況であると企業内部で終了処理を遂行することが不可能になるからです。

債権保有人の一部はエキスパートにつながっていないと気づいたなら大変強硬な締め上げ行為をやってくる会社も存在しています。

司法書士団体あるいは弁護士団体に相談した際には、個々の債権保有人は依頼人に対しての取り立てをやることができなくなるのです。

頼みを伝えられた司法書士の方あるいは弁護士は業務を担うと書かれた郵便を各取り立て業者に送ることになり、各取り立て業者がその郵便を受け取ったとき債務者は取り立て企業による激しい収金から放たれることとなります。

ところで、取立人が仕事場や故郷へ訪れての徴集は借金に関する法律のガイドルールで禁止となっています。

貸金業であって登録が確認できる業者ならば職場や親の家へ訪れる取り立てがルールに反するのを知っているので、違法であると伝えてしまえばそのような徴集を続けることはないでしょう。

申し立ての後は、本人に対する徴集を含め、返済請求行為は許されなくなります。

それゆえ取立人からの返済要求行動がなくなるということになります。

しかし違法と分かっていて接してくる業者もゼロとは断言できません。

事業として登録を済ませている業者であれば、自己破産に関する手続き後の取り立てが法のガイドラインに抵触するのを気づいているので、その旨を伝達すれば、そういった返済要求をし続けることはないでしょう。

ただ、裏金と言われる不許可の取立人についてはこの限りとはならず、過激な徴集行為などによる事件が減らないという現実があります。

ブラック金融が業者の中に存在している際には絶対に弁護士事務所または司法書士事務所などの専門者に助力を求めるようにした方がいいです。


コメントする